児童指導員・保育士 正職募集(児童養護施設)

お知らせ

児童指導員・保育士(家族と離れて生活する子どもたちを支援)

創立131年目

昨年度賞与実績4.45か月分

当たり前の暮らしを、特別なものにしない

 様々な事情があり、家族と離れている子どもたちが住まう児童養護施設博愛社。私たちのモットーは、できるだけ家庭に近い環境で、子どもたちに当たり前の暮らしを届けること。だからこそ、運動会や授業参観といった子どもたちの学校行事にまで、必ず職員が参加しています。

 また、小さい子どもの中には、買い物を知らない子どももいます。施設で出されるおやつやご飯を食べるだけでは、自分でお金を使う機会がありません。そのため、自分の好きなものを自分で買うことの喜びを知らないままになってしまうのです。

 施設の外での当たり前が、施設の中での特別であってはならない。私たちはそう考えます。だからこそ児童指導員は、毎回子どもたちに聞いて学校行事にも必ず参加するし、子どもにお小遣いを渡して一緒に買い物にも出かけます。

 やがて子どもたちが成長し、施設を出る時、周囲の人と何も違わず、自律することができるように、当たり前の暮らしを、当たり前に経験できる環境を作ることが、児童指導員・保育士の役割です。

仕事内容

・学校やこども園への送り迎え

・炊事、洗濯、入浴など、日常生活の支援

・運動や勉強のサポート

・レクリエーションの企画・運営

・学校行事(授業参観、運動会など)

・関係機関との連携

・各種書類の作成

 勉強を教えたり、相談に乗ったりすることも大切な役割です。子どもたち一人ひとりの支援計画に基づき、少しずつ「できること」を増やしていきます。

 夕食後にみんなでテレビを観ながら団らんして過ごしたり、学校の行事参加したり、一緒に近所のスーパーへ買い物に出かけたり、年間行事としてハイキングやキャンプ、クリスマス会、地域の方も参加する博愛社フェスティバルなども実施しています。時には子どもたちに対して叱ることや、話をして一緒に考えることもありますが、大人との様々な関りを持たせるのも大切な役割です。運営方針である「自律した社会人になるための支援」に基づき、一般家庭での生活と変わらない環境を整え、子どもたちを自律へと導きます。

 

募集背景

創立以来、社会福祉法人として活動を続けてきた私たち博愛社。様々な施設の運営を通して、子どもたちやお年寄りが生きがいのある心豊かな毎日を送れるよう努めてまいりました。来年度に地域小規模児童養護施設の開設、敷地内に新たな児童養護施設を開設するにあたって、施設全体で職員の増員を行います。子どもたちの成長を促し、自律へ導く存在として、長くご活躍いただければと思います。

勤務時間:7:00~22:00の間でシフト制(実働8時間)

※宿直業務あり:13:00~22:00(22:00~6:00は休憩)

※勤務時間例:7:00~16:00、13:00~22:00 など

昇給:年1回

賞与:年2回(6月、12月)※昨年度実績4.45ヶ月

各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

交通費(全額支給)

時間外手当

出張手当

役職手当

扶養手当

住宅手当(月16,000円まで)

退職金制度

職員旅行(全国各地)

など