子どもたちの健やかな
育ちとともに、
高齢者が、生きがいのある
心豊かな毎日を
送れますように

お知らせNEWS

一覧へ

博愛社についてAbout Hakuaisha

博愛社は、社会福祉法、児童福祉法、老人福祉法、介護保険法で定められている社会福祉法人の団体です。
創設の基本理念であるキリスト教の「隣人愛」の精神にたって運営しており、子どもたちの健やかな育成とともに、高齢者が、生きがいのある心豊かな毎日を送れるよう努めています。

詳しくはこちら
博愛社

こども園・保育園部門

地域に密着し安心できる環境で、子どもたちの健やかな
育成のお手伝いをさせいただきます。

児童部門

なんらかの事情で保護者のもとで生活できない子どもたちにできるだけ
一般的な家庭生活を提供し、自立を支援します。

高齢者部門

高齢者の方々が、生きがいのある心豊かな毎日を送っていただくための施設・サービス

大阪市淀川区と生野区で事業展開しています

  • 博愛社・各施設配置図
    博愛社・各施設配置図
  • 交通のご案内
    交通のご案内
    交通機関
    電車 大阪・梅田、京都、神戸各方面から、いずれも阪急電鉄「十三駅」下車。 西口を出て広い通り(途中に淀川郵便局など)を西へ約600メートル。北側
    バス 大阪・梅田から大阪シティバス97系統(神崎橋、加島駅行)で、「十三元今里」下車、西へ100メートル。北側。
    神崎橋、加島方面からは、いずれも「田川通」下車、東へすぐ。

博愛社の歴史HISTORY OF HAKUAISHA

1890年、兵庫県赤穂郡矢野村瓜生(現相生市)に小橋勝之助(26歳)が、キリスト教の精神にたって、
貧しい家庭の子どもたちを育む施設として博愛社を設立しました。

詳しくはこちら

聖贖主教会についてABOUT THE CHURCH OF THE REDEEMER

聖贖主教会

宗教法人日本聖公会 聖贖主(せいあがないぬし)教会は、街のキリスト教会として、また社会福祉法人「博愛社」のチャペル(礼拝堂)として、二つの顔を持っています。

子どもたちと共に祈って来た当教会は、多くの人の祈りの交わりの中で2007年秋、礼拝堂創立百周年の節目を迎えました。1936年に完成した現在の建物は、近江兄弟社で有名なW.M.ヴォーリズが設計・施工したもので、見学者も多く来会されます。高い天井と大きな窓、シンプルで落ち着いた礼拝堂のある私たちの教会へ、ぜひ足を運んでみてください。お待ちしています。

 

日本聖公会 聖贖主教会(礼拝堂) 大阪市淀川区十三元今里3-1-72

詳しくはこちら

採用情報Employment information

社会福祉法人博愛社では一緒に頑張ってもらえる仲間を募集しております。1890年の設立以降、長年にわたって地域福祉に関わり続けてきた社会福祉法人だからこそ、安定した働き方が可能です。

採用情報
採用情報について

広報誌Newsletter

広報誌「はくあい」は年3回発行しています。

広報誌「はくあい」
詳しくはこちら