児童養護部門

児童家庭支援センターからのお知らせ

月に1回、センターの活動内容についてのおたよりを作成しています。

かるがものおたより 最新号12月号
◆センターの活動を紹介しています。
かるがものおたより
(97通目)

センターで開催している英語教室のお知らせです。
※ 2018年度の参加申し込み受付中です。
  郵送・FAX・Emailにてお申込みください。電話受付はしておりません。
  スマイルクラスは定員に達しました。キャンセル待ちをご希望される方は、お問い合わせください。

スマイルクラス 幼児さん対象の英語教室です。 詳しくはこちら 日程表
Kids English Class 小学校低学年対象の英語教室です。 詳しくはこちら 日程表

センターが開催するイベント・講演会のお知らせです。

プチ*トマトさん ~絵本の読み聞かせについてのお話会です~
日程:1月26日(土)10:30~11:30
場所:博愛社 本館2F会議室(託児は児童家庭支援センター)
対象:保護者の方(託児有)
詳しくはこちら

児童家庭支援センターとは?

photo

児童福祉法に基づく児童福祉施設で、子どもと家庭についての専門相談機関です。
児童家庭支援センター博愛社は児童養護施設博愛社に付置されており、地域の身近な相談窓口として、
 子ども自身
 子育てをしている人
 「ちょっと気になるなぁ…」という人が周囲にいる方
からの相談を受け、対応を一緒に考えたり関係機関を紹介したり、子育てのお手伝いをしています。 ご相談に応じるのは、児童養護施設において経験を培ってきた相談員、臨床心理士などの専門職です。 子育てについての気になること・困っていることなどお気軽にご相談ください。もちろん、匿名でもOKです。

photo

<子ども本人からの相談>
「親にたたかれる」「友達とうまくつきあえない」「学校に通えてない」「どうしたらいいの?」など
 一人で悩まずに、ご相談ください

<親御さんからの相談>
「子どもにイライラする」「子育て、どうしたらいいの?」「子どもが暴力をふるう」「子どもの性格・行動が気になる」「発達障害かなぁ?」「学校に通えていない」「いじめられている」「万引きをしてるみたい」など
 子育てに関するどんなことでも、お気軽にどうぞ

<近隣の方からの相談>
「気になる子どもがいるのだけれど・・・」「あれって虐待じゃないのかな?」など・・・
 ためらわずに、一度ご連絡ください

関係機関の紹介

photo

児童や家庭への支援を行うため、関係機関との連携をしています。
 大阪市こども相談センター
 保健福祉センター(福祉事務所、保健センター)
 学校、幼稚園、保育園
 民生児童委員  など

児童家庭支援センター博愛社の概要

今までの相談件数

年間、500件前後の電話相談を受け付けています。
病気や離婚、その他さまざまな家庭の事情で子育てに悩む保護者の方からの相談が多い傾向にあります(半数以上が母親からの相談です)。 子どもへの接し方に悩み、お電話くださる方も多いです。
家族間、または一人で悩んでいると、問題を別視点で見ることが段々と困難になってきます。電話相談では、日常的に関わる人を相手にするのではなく、専門家が相手ですので安心してお話し頂けます。
どうしたらいいのか分からない時、行き詰った時、子育てのことでちょっとお話ししたい時...
お気軽にお電話ください。

相談・サロン

photo

 電話相談

毎日、9:00~18:00で対応しています。お気軽にお電話ください。

 虐待相談受付

大阪市子ども相談センターと連携して、虐待相談電話も受けています。

 来所相談

予約が必要です。まずはお電話ください。

 心理療法

臨床心理士が、遊戯療法(プレイセラピー、子ども対象)、親御さんとの面接を行っています。まずはお電話でお問い合わせください。

 地域子育て支援

子育てネットワークの核として、地域での仲間作りのための情報や場の提供をします。子育て中の保護者の集いの場として、使っていただければと考えています。
赤ちゃん広場
赤ちゃんを持つ保護者を対象に、保護者の息抜きや子育ての情報交換ができるサロンを目的とした、広場活動です。
絵本読み聞かせ
地域で読み聞かせ活動をしている方々をスタッフとしてお招きし、子どもたちに絵本や紙芝居、手遊びをしています。
夕涼み会
毎年8月の日曜日に、夕方から夜にかけて小さな夏祭りを開いています。
観月会
毎年秋頃、満月の日に屋上でお月見会をしています。などなど、その他にも色々と開催しています。


**相談は無料です。ご本人・ご家族・虐待通報者のプライバシーは固くお守りいたします。**
電話番号:06-6301-7270(相談・通報)・06-6301-0375(事務局)