博愛社のご案内

博愛社について

博愛社春写真

 博愛社は、社会福祉法、児童福祉法、老人福祉法、介護保険法で定められている民間の社会福祉法人の団体です。

 創設の基本理念であるキリスト教の「隣人愛」の精神にたって運営しており、子どもたちの健やかな育成とともに、高齢者が、生きがいのある心豊かな毎日を送れるよう努めています。

 本部の敷地内には、児童養護施設、保育園、特別養護老人ホーム、(診療所併設)、ケアハウス、介護サポートセンター、児童家庭支援センター等があるほか、大阪市生野区に乳児保育園を開設し、地域に開かれた事業の充実を図っています。

また、学校法人の幼稚園、宗教法人の聖贖主教会(日本聖公会)、さらに、関西いのちの電話やあすなろの家(肢体不自由者通所福祉作業所)など各団体がそれぞれの事業を展開しています。

博愛社ロゴマーク

博愛社ロゴ

博愛社ロゴマークは、2つの形象をモチーフにしています。
まず一つは「心」を表すハートです。
「心」は、人の行動原理を掌る基盤であり、あらゆる生命の根源的な部位です。
また、「愛」や「愛情」を表現する象徴的な記号として広く認められています。
そしてもう一つは、春に息吹く「新芽」です。
法人設立の動機となり、現在まで続く「児童愛護」の精神。
そこで育まれた子どもたちが、自らの力で目を吹き、成長していくことを詫しています。